フォローアップ・レッスン

メイク下地のカラーバリエーション

投稿日:

{D77F200C-2761-4163-A974-5C671E2EC24B:01}
好感のもてる美しさを引き出す
パーソナルビューティアドバイザー
岸田万里 です。
こちらはメイクの下地に使う、コントロールカラーです。
色々なメーカーから出されている中、
わたくしが尊敬いたします 
日本パーソナルメイク協会代表理事 福井美余先生 おすすめの一つです。
いくつかメーカーの下地を付けてみて使用感を比べました。
サラッと付くのにしっとりしていたのが、こちらです。
「エレガンス モデリング カラーベース」

伸びもかなりよいので、本当に少量でいいですよ。
そして、こちらのカラーバリエーションがとてもいい。
オレンジは、あまり他にないのですが、自然で若く元気な感じに仕上がります。
イエローだけでは血色出にくいところが、オレンジだと出る感じです。
少し日焼けされている方には合いやすいです。
グリーンは、赤ら顔の方や、ニキビ跡などを消すのにいいですね。
ただ、付けすぎると顔色が悪くなりやすいので、本当にごく少量で。
ピンクは、コントロールカラー王道の鉄板です。
くすみをとり、ほんのり血色が出ます。透明感もあがるので、ワントーン明るくなった感じ。
ものによっては、白浮きしてしまうのでこちらも付ける量に気をつけましょう。
ホワイトはハイライトに打ってつけ!
自然な鼻筋を付けることが出来ます。
白は付けたことがなかったので、早速試してみたいです。
エレガンスにはイエローはなかったので、他のブランドで色々試しました。
Ex:beaute のトゥルーカラーがよかったのですが、2層式になっているところが、少し残念でした。
こちらはお好みなので、2層式が気にならない方には、良いかもしれません。
しっとり感があって、上に乗せたファンデーションがピタッと付く感じはとてもいいです。
イエローのコントロールカラーも欲しいので、もう少し探してみます。
コントロールカラーを上手く使えば、
肌の調子が悪い時も隠せるし、見せたい肌にもなることができます。
・肌のくすみを消したい
・顔色が悪いので、元気に見せたい
・透明感を出したい
・ワントーン明るく見せたい
部分使いにすると、ハイライト効果や、シェーディングにもなります。
広い面積も、部分使いも、少量を付けるべきところに使います。
上手に使いこなせると、より簡単に立体感や透明感を出せますね。
コントロールカラーを上手く使って、なりたいお顔になりましょう。
美しくなるとメイクが楽しくなりますよ!
サロンドクルール芦屋のメイクレッスンでは、コントロールカラーの使い方もレッスンいたします。
ご興味のある方は是非いらして下さいね。
サロンドクルール芦屋
0797ー34ー7221

-フォローアップ・レッスン

Copyright© 美しくなる法則 色からはじまるオンリーワンビューティー® , 2020 All Rights Reserved.